ぱれっとは、渋谷区恵比寿(えびす)で、知的に障がいのある人たち(知的障がい者)を対象に、余暇活動支援(たまり場)や就労支援(クッキー製造販売・軽作業等)、生活支援(グループホーム、緊急一時保護事業、短期入所事業)、シェアハウス、国際交流活動を行なっています。

  • 文字サイズ
  • 小さくする
  • 大きくする
  • リセット

NPOぱれっとについて

ぱれっとの歩み

1983年1月 設立準備会結成
1983年7月 「たまり場ぱれっと」を開所
1983年9月 ぱれっとを支える会設立
1984年9月 「おかし屋ぱれっと」準備会結成
1985年4月 「おかし屋ぱれっと」を開所
1986年10月 「おかし屋ぱれっと」東二丁目に移転
1989年1月 レストラン構想準備会結成
1991年1月 「スリランカレストランぱれっと」を開店
1993年1月 「えびす・ぱれっとホーム」プロジェクト会議結成
1993年4月 「たまり場ぱれっと」「おかし屋ぱれっと」東三丁目に移転・併設
1993年8月 「えびす・ぱれっとホーム」設立
1996年8月 レストラン移転「香辛酒房ぱれっと」に改称
1998年9月 SLPCPプロジェクト会議結成
1999年5月 「ぱれっとインターナショナル・ジャパン」設立
1999年10月 Palette(スリランカぱれっと)開所
2002年6月 NPO法人格取得 「NPO法人ぱれっと」へ名称変更
2004年6月 レストラン「香辛酒房ぱれっと」を「Restaurant&Bar Palette」に改称
2009年4月 えびす・ぱれっとホームを障害者自立支援法(当時)に基づく、共同生活介護事業(ケアホーム)に移行
2009年8月 Palette(スリランカぱれっと)資金難のため閉鎖
2010年1月 大手の製菓会社が、NPOのクッキー工房を設立。Paletteのスタッフ及び通所員は、立ち上げメンバーとして雇用。
2010年4月 「ぱれっとの家 いこっと」完成
2011年7月 「Restaurant&Bar Palette」を「スリランカ料理&BEER Palette」に改称
2012年12月 「スリランカ料理&BEER Palette」を閉店
2013年4月 おかし屋ぱれっとを障がい者総合支援法に基づく、就労継続支援B型事業へ移行
2013年7月 東京都より、認定取得 認定NPO法人となる